「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

子のいない夫婦が相互に任意後見契約を結ぶ場合の注意点|行政書士阿部総合事務所

 

夫:A

妻:B

 

同い年のAB夫婦間には子がおりません。

また、A、Bそれぞれに兄弟姉妹もおらず、親も他界。

 

つまり、Aの相続人はB、Bの相続人はAという関係にあるとします。

 

その場合、

Aの任意後見契約の受任者をB

Bの任意後見契約の受任者をA

とする任意後見契約を相互に締結する場合があります。

 

お互いの判断能力が無くなったときには、片一方が面倒をみようね、といった趣旨なのですが、注意しなければならない点があります。

それは、

Aが判断能力が無くなりつつある時期は、同時にBの判断能力も衰えている可能性がある。

 

前提としては、Aさん、Bさんは同い年。

年齢が近い夫婦でも同じリスクを抱えています。

 

本来であれば、Aさんの判断能力が衰えたときに、他の誰かではなくBさんに支えてほしいからこそBを任意後見契約受任者として契約をしたのでした。

そのときに、実は、Bさんも判断能力が衰えていたとしたらどうでしょう。

Aさんとしては、Bさんに面倒をみて欲しい。

しかし、BさんはAさんの面倒をみれる状況ではない、むしろ、自分が面倒をみてほしい。

 

この状況って、今話題になっているアレと同じなんです。

そう!

認認介護

助けてと言えない!老老介護より悲惨な現状、認認介護を知っていますか? - NAVER まとめ助けてと言えない!老老介護より悲惨な現状、認認介護を知っていますか? – NAVER まとめ

 

認知症の人が、認知症の人を介護する状況

 

こうなってしまうと、本人の権利保護を図る場合には、法定後見の申立を相互にする他ありません。

 

先ほどのA、Bにしてもそうです。

相互に任意後見契約をすることは可能です。

が、しかし。

お互いの判断能力が衰えたときの備えも同時にしておかなければなりません。

せっかく任意後見契約をして備えをしたのに、結局使い物にならなかったのではAさんもBさんも本意ではないでしょう。

 

上手に使えばかなり使える任意後見契約ですが、制度そのものの理解が危うい人がアレンジしてしまうと思わぬ結果を引き起こすことになります。

 

行政書士阿部総合事務所は任意後見契約の実績も多数持っております。

行政書士阿部総合事務所

行政書士阿部隆昭

 

そもそも任意後見契約とは何か | 成年後見 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区そもそも任意後見契約とは何か | 成年後見 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top