解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

「騙されてるんじゃないか?」契約の立会同行サービスも行っています|行政書士阿部総合事務所

 

一般の方の専門職に関する印象は、

弁護士の業務は裁判所に行ってる人で、税理士は確定申告をする人でしょ。

といった感じで、ざっくりとし過ぎてはおりますが、間違ってはおりません。

行政書士って何をしている人なの?

と聞かれることも多いですね。

行政書士阿部隆昭としては、元々機械系の勉強をしており、途中大学の法学部で法律を勉強し、一般の事業会社に就職し、司法書士兼行政書士事務所で実務を経験し、独立、となります。

今思えば、これら全てが現在の仕事の役にたっているのを実感します。

航空高専時代に学んだ5年間で力学、物理学等の勉強は一通りをしてきましたので、製造業などの経営者様との話にも普通についていくことが出来ますし、法律系とは違った考え方の手法を執ることが出来るので5年間の経験が本当に助かっています。

法学部での学習は業務の基本となっているもの。行政書士の中には大学の法学部を出ていない方もいらっしゃいますが、法学の基礎から応用までが身についているだろうという予測がつきますので、ご依頼者様に安心感を与えるものになっています。

事業会社にいたことでサラリーマンのルールを身を持って経験することが出来たのが今となっては大きいですね。事業会社の縦社会を経験しているかしていないかというのは、企業を相手にお仕事をさせて頂く際にとても役に立つのです。

司法書士兼行政書士事務所で、業務の基礎となる経験と知識を身につけました。仕事を通してということになると、不動産関連の総合的な知識と経験を積んだのが大きかったですね。不動産というのは動く金額が大きいですし、不動産関連の契約はどこにトラップがあるか分かりません。こればっかりは知識ではどうにも歯が立たないので、ある程度業界にいたからこそ分かることがあるのです。私の場合は、司法書士事務所として不動産実務と関わっていますので、権利関係周りの感覚が身についています。

 

さて、本日のブログのテーマが顧問契約です。

顧問契約というのは実は不思議な契約でして。

行政書士阿部総合事務所の顧問契約は、単なる書類作成業務ではありません。もちろん行政書士として許認可申請や在留資格変更許可申請などの業務は行います。ですが、戦略実行支援コンサルタント行政書士阿部隆昭の顧問契約は、とてもフレキシブル。

例えば、

不動産の賃貸借契約をしなければならない場面では、顧問として契約に立ち会い、クライアントが不利益を受けないように「総合的な視点」で顧問業務を行います。

その総合的な視点というのが、今回書いたこれまでの経験が120%活きてくる場面なのを実感します。

これまでの経験と知識をフル活用して顧問業務を行うからこそ、毎月の顧問料を支払う価値があるというもの。

行政書士阿部総合事務所の顧問契約は、基本報酬5万円(税別)で対応しています。

中小企業の経営者様で日常業務の相談先が欲しいと思われている方に利用して頂きたいサービスです。

当事務所のある東京都北区の経営者様については特別なプランをご用意しています。

顧問契約導入にあたっての相談は無料となっています。

 

行政書士阿部隆昭プロフィール  行政書士阿部隆昭プロフィール
お客さまの声 お客さまの声
報酬額のご案内 報酬額のご案内

[trust-form id=9424]

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top