Read Article

『ストーリー・セラー』有川浩|行政書士阿部総合事務所

 

彼女は頷いた。

顎に決意の梅干しができている。

 

 

たまたま行った図書館の「今日返却された本」コーナーで50冊ぐらいの中から手にとった一冊。

まず、表紙とタイトル文字フォントに惹かれました。

有川浩さんは初めてなので、どんな作風だかも知りません。

 

他にも、有名作家がずらっと並んでいたのですが。

どうしてだろう、本との出会いはいつだって不思議。

 

思考することと引き換えに命を失っていくという奇病「致死性脳劣化症候群」を患ってしまった主人公の妻。

治療法はなし。

延命策は、唯一、考えないこと。

 

病院での診断の場面のあとは、二人の出会いへ。

会社の上司と部下。

上司の彼は、小説を「書ける側」を目指していて挫折し、今「読む側」にいるひと。

病気の彼女は、小説を「書ける側」の人。

でも、出会いの場面では、それに気づいていないし、気づこうともしていない。

 

社内持ち込み禁止の彼女のUSBメモリの内容を彼が見たときから二人のストーリーは動き出す。

 

有川浩さんの文章、好きです。

図書館にいるうちに、パラっと読むつもりが、つい引き込まれた。

文中の彼の言葉を借りれば、そう。

 

一行目から吸い込まれた。

するすると目が文章を追う。

いや、目が文章に吸い付いて離れない。

文章に連れて行かれるようにー意識が持って行かれる。

 

 

あっという間に読み終えることができました。

おもしろいし、泣けるし、考えさせられる。

 

自信をもってオススメできる小説です。

読んでよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Return Top