「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

ポーが『黒猫』で言いたかったことは「天邪鬼」?|行政書士阿部総合事務所

日課になっている今朝のTEBラジオで、ポーの黒猫のあらすじを放送していました。

聴いているだけでも怖い。

Kindleアプリに入っている「黒猫」を久々に読んでみたのですが、鳥肌立ちまくりです。

 

短編と言えるほどコンパクトな内容なのに、次々に恐怖がやってくる。

鳥肌の収まるヒマがないという感じです。

といっても、血がいっぱい出てくるとか、これでもか的に気持ち悪い恐怖感ではなくって、翻訳がいいからかな?、愛着を持って読み進めることができる感じ。

恐怖を煽るような描写がふんだんにあるわけでもなく、主人公の心持ちが深く描かれているので読んでいて面白いのです。

 

もしかしたら、ポーが黒猫で言いたかったことは、ヒトの持っている「天邪鬼」という性向のことなのかなとも思いました。

 

私は、自分の魂が生きているということと同じくらいに、天邪鬼が人間の心の原始的な衝動の一つー人の性格に命令する、分かつことのできない本源的な性能もしくは感情の一つ-であるということを確信している。

してはいけないという、ただそれだけの理由で、自分が邪悪な、あるいは愚かな行為をしていることに、人はどんなにかしばしば気づいたことであろう。

人は、掟を、単にそれが掟であると知っているだけのために、その最善の判断に逆らってまでも、その掟を破ろうとする永続的な性向を持っていはしないだろうか?

この天邪鬼の心持ちが今言ったように、私の最後の破綻を来たしたのであった。

 

遊び仲間の愛猫プルートウに対してひどい扱いをしてしまった-「酒癖という悪鬼のために」-ために引き起こされる結末は、私には予想外でした。

”えっ!、そこにいたの!”

 

 

 

Kindle版でしたら無料でダウンロードすることが出来ます。

Kindle端末がなくてもスマートフォンアプリを無料ダウンロードすれば読むことができますよ。

ぜひ、恐怖小説の傑作を♪

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top