「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

「配偶者は常に相続人」の意味

第890条(配偶者の相続権)
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

 

法律で定める相続人のうち、「常に」相続人であるのは配偶者だけです。

子、直系尊属、兄弟姉妹の「血族相続人」にはそのような定めがなされていません。

「法定相続人の併存」という問題あります。

配偶者は、他の血族相続人と併存することが可能です。「常に」相続人であるのが、配偶者なのです。

血族相続人は他の順位の血族相続人と併存することができません。

配偶者と子とが相続人のケースはありますが、子と直系尊属とが併存して相続人となることはありません。

同様に、直系尊属と兄弟姉妹とは相続人として併存できません。

この事は、民法第889条の作りが
「次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。」
となっていることからわかります。

第887条(子及びその代襲者等の相続権)
被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

 

第889条(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二 被相続人の兄弟姉妹
2 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。

 

 

相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ




Return Top