Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

商品・サービスを販売する者は、その商品やサービスにマッチした●●を装備すれば売れる|行政書士阿部総合事務所

この業界に入る前、都内百貨店での販売経験は様々な形で役立っています。

このブログでもそうですが、セミナーや経営支援の現場で実体験として披露することができる。

 

「眼鏡屋なのに眼鏡かけないのね」

 

販売員だった当時、お客様からよく言われたこと。

それでも売れたのが別のスキルがあったからなのですが、ここではその話は置いておきまして。

自分が眼鏡をかけ始めたとき。

コンタクトなので伊達メガネですが、これは確かにお客様からの印象はよかった。

眼鏡屋さんに行く機会のある方は店内を眺めてほしいのですが、眼鏡をかけていない眼鏡販売員は珍しい、というかほとんど居ないことがわかります。

 

眼鏡は、眼鏡販売員にとって身につけなければいけないフォルムだから

 

特別の事情がない限り、ある商品やサービスを売る場合には、その商品やサービスにふさわしいフォルムを装備しなければなりません。

 

先日、知人のSNSでなるほどと思う投稿を見まして。

 

たるんたるんボディのトレーナーが、パーソナルトレーニングスタジオをオープンしたとのこと。

 

ん??

トレーナーですよね?

自分がたるんたるんなのに、顧客に指導できるのだろうか?

理論は分かっているから指導はできる、と考えているのかしら。

 

フォルムは信頼の証であることは疑いのない事実。

 

そして、フォルムは身につけようと思えば、それが実現できる。

 

眼鏡屋さんは、眼鏡をかければいいし、専門家は専門家らしいフォルムに身を包めばいい。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

 

 

Return Top