Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

龍馬ノンアルコールビールとマーケティング|行政書士阿部総合事務所

 

アサヒドライゼロ、キリンオールフリーのどちらかは流石にあるだろうと思って入ったお客さんに、まずは手に取ってもらうことが必要。

缶そのものの肌触りは、”ザラ感”があって、えっ?!って思う。

このノンアルコールビールを手に取る理由はなんだろう。

真っ白ボディ、清潔感があっていい。

麦芽100%、ビールテイストがしっかりあることを予想させる。

龍馬、なんとなくカッコいい

プリン体ゼロ・添加物ゼロ、個人的には惹かれないが、ピンと来る方も多いかな。

 

初手で体感してもらうためには、どこで消費者をフックにかけるかが大切。

個人的に気になってドライゼロにしようかなと思った点は二つ。

ゼロカロリーではないこと。

糖質ゼロではないこと。

ドライゼロ、オールフリー、共にこれはクリアしている。

 

それでもなお、龍馬ビールを手に取ったのは目新しさと上記気がかりを天秤に掛けて、目新しさが勝ったから。

 

たかが、ノンアルコールビールの話と思われるかもしれませんが、消費者の行動を分解してみると様々な思い、行動が存在することが分かります。

商品やサービスを売っている事業者はどれもおおよそ同じ。

BtoB100%などの業界ではない限り。

 

自社が提供している商品やサービスのどの部分でフックをかけるかが販売のポイントになる。

 

ということはこの点を意識していない限り、消費者には何も訴えかけるものがない凡庸としてプロモーションになってしまう。

さらに注意したいのは、消費者無視のフックの掛け方。

企業側が考える商品・サービスの強みについては、消費者からすると、”それはどうでもいいんだけどね”ということにママなる。

この視点は、補助金作成でも大切になるので、次回の行政書士あべせんせーチャンネルで解説してみたいと思っています。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

 

 

 

体重マネジメントをしているので、どうしてもカロリーにはアンテナが立ってしまうけれど、次もお店で見かけたときは手に取るかもしれない。

Return Top