「ありがとう」と言われるアポイントの取り方|行政書士阿部総合事務所

August 10, 2020
598 views
約 2 分

行政書士あべせんせーチャンネル

行政書士阿部総合事務所公式YouTubeチャンネルです。 補助金情報、創業支援などの情報提供

事業会社勤務経験があるからかないからなのか。

関係はないとは思いますが、基本的なビジネスルールが身についていないオトナも多いですよね。

例えば。

アポイント、予定の取り方。

自分のアポを自分で取るのであれば何も問題ないと思いますが、上席や他の方のアポイントを調整する場合には注意が必要です。

といっても、自分ゴトで考えればなんということはありません。

 

●月●日午後1時

 

初手、ピンポイントで客先とアポイントを取られてしまうと、調整に2ステップかかります。

客先にとっても、上席にとっても無駄作業。

このような日程をもらった上席は困りますよね。

その日程に合わせるか?合わせるにしても既に入っているアポイントとの調整が必要なのか?

自分ゴトとして考えれば、このようなアポ候補をもらっても困惑するのは分かると思いますが、ただ、”アポを取ればいい”と思っている無駄社員であれば、そもそも仕事の性質を考えてすらいないと普通の組織なら判断されます。

 

グループウェアなどでスケジュールを共有しているでなければ、他人の日程調整をする際には、複数の日にち、として時刻だけではなくて時間帯まで確認するようにしましょう。

細かいことですが、出来る人は言われなくても自然にやっています。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

 

 

 

 

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。