資金調達と外国人雇用に強い行政書士阿部総合事務所

認定経営革新等支援機関(中小企業庁)

プロもこうしてる。補助金助成金情報の取り方と、募集期間が終わっているときにどうするか?|行政書士阿部総合事務所

January 24, 2023
58 views
約 2 分

当社事業に合った補助金・助成金を探す方法として、一つの提案です。

今回は東京都のケースをお伝えしますが、制度趣旨さえ理解してしまえば全国で応用が効きますのでぜひご一読ください。

東京都中小企業振興公社という組織がありまして。

中小企業の経営に役立つ情報を発信している公益財団法人です。

こちらの助成金情報ページなのですが。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/ichiran/index.html

情報が一覧で取れるのが最大のメリット。

とはいえ、申請期間が終わってしまった補助金助成金情報も掲載されているので、探し方によっては、”どの補助金も募集終わっているからいいや”と諦めてしまうかもしれません。

なのですが、過去に募集した補助金は、実は次年度の予算等でも継続して公募するケースがあります。

反響が多かった補助金、応募者数が予想を超えた多かった補助金などは、補助金を公募する側としてはまだまだニーズがあると考えます。

そもそも、補助金は市況に合わせて制度設計します。

原油価格高騰で大きなダメージを受けている現状があるので、それを補填するような補助金をリリースする、といったように。

ですので、当社事業に相応しい補助金が見つかったけれども、すでに募集が終わっていた場合でもその関連部署に問い合わせをして、次回公募の可能性をヒアリングするなどといったことで情報収集は可能です。

今回の動画では、補助金助成金情報の探し方の一例を紹介していますので、ぜひご覧ください。

行政書士阿部隆昭

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。