Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

小規模事業者持続化補助金の経営計画(補助事業計画)で必ず書きたい項目3つ|行政書士阿部総合事務所

小規模事業者持続化補助金など、補助金や助成金にはほとんどの場合、申請書の中身として、経営計画書や事業計画書を作ります。

補助金を活用してどのような事業をするのですか?

ということを補助金審査員に説明するためです。

 

補助金申請の事業計画書は、経営計画書と呼ばれたり、補助事業計画書だったり様々ですが、実体は「事業計画書」です。

 

 

事業計画書は、その用途、読み手などによって作り方は何パターンかに分かれます。

今回は、補助金を獲得することを目的としていますよね。

 

 

補助金というお金を調達するための計画なのですから、

 

なぜ補助金が必要なのか?

補助金をどう使うのか?

補助金を使ったことでどのような効果が見込めるのか?

 

この三点は必ず書きたいですね。

 

 

なぜ補助金が必要なのか?

例えば、新規事業を始めるために資金が必要になる。

これも補助金が必要な理由になりますよね。

新しい広告宣言をかけたいから補助金が必要になる、など。

 

補助金をどう使うのか?

これは、なぜ補助金が必要なのか?と関連します。

公的資金なのですから、その使い道はとてもシビアです。

”この使い方では補助金は出せません”といったように、補助金の対象としている経費でないと認められないからです。

どう使うのかも具体的な記載が必要です。

 

補助金を使ったことでどのような効果が見込めるのか?

補助金で新規事業をスタートしたことで業界の認知度も高まった、とか。

広告宣伝効果があり、販売個数が伸び、結果的に売上が昨対10%伸びる計画です、など。

この点もできれば具体的な数字を書けたほうが望ましいです。

 

行政書士阿部総合事務所のYouTubeチャンネル「行政書士あべせんせーチャンネル」では補助金・助成金情報を中心に公開しています。

ぜひご覧ください。

 

 

Return Top