Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

補助金申請には事業の特徴を書こう|行政書士阿部総合事務所

よく言われる「事業コンセプト」

事業の特徴と考えて頂いて問題ありません。

早いのに美味い

美味いけど安い

お客様にアピールするポイントはどこにあるのでしょうか?

ケーキ販売店

と一口に言っても、いろいろと工夫されていることはあるでしょう。

無添加食材にこだわっている。

新鮮な季節の食材を使っている。

グルテンフリーなケーキ。

 

商品の特徴がありますよね。

そして、その特徴を選択した理由があるはずです。

 

 

食品添加物に気を使っている人たちにも安心して食べられるケーキを提供したいから。

グルテンフリーに気を使っている人に、バクバク食べて欲しいから。

 

これらが事業コンセプト。

 

初めて会った人に、「あなたのお店はどんなお店なのですか?」と聞かれたとします。

●●なお店です、

と答えるでしょう。

それが特徴ですよね。

「地域にあるなんの変哲もないお店ですよ」と自嘲することはあれ、なんらかの特徴はあるはずです。

地域の高齢者の憩いの場になっています、でもいいです。

 

補助金申請は、審査員は書面だけでしか御社を判断することができません。

ですから、御社の事業、事業の特徴を示す必要があるのです。

そろそろ小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型の第三回締切をターゲットに申請書作成に取り組む事業者も多くなってきているでしょう。

当、行政書士阿部総合事務所でもご依頼が立て込んできており、間も無く締切も止むを得ない状況になってきました。

行政書士阿部総合事務所が運営しているYouTubeチャンネルでは、実際のご支援で提供しているアドバイスなどをそのまま公開しています。

ぜひご覧ください。

 

Return Top