Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

補助金申請代行プロフェッショナルは、補助金申請業務を受任するかどうかを判断しているのか?|行政書士阿部総合事務所

当職の場合には、補助金で取り組む事業者の経営姿勢で受任できるかどうかを判断しています。

対象経費など補助金の用途、取り組む事業の内容などももちろん精査します。

ですが、補助金申請で採択されるかどうかは、実は、その経営者の姿勢にも影響があるのです。

 

経営姿勢、というと曖昧な言葉に映るかもしれません。

その経営について、経営者自身がどう考えているのか?

 

判断については、いくつもの要素があり、その姿勢が現れる箇所もまたいくつかあります。

 

今回は、その一つ。

 

最初のオファーの仕方、この「作業」一つでも、経営姿勢が現れてしまっています。

オファーをする側はそこまでは考えていないかもしれませんが、オファーを受ける側からすると、すでにそこから「判断」が始まっています。

 

補助金申請の代行コンサルタントの中にももちろん、経営姿勢があります。

 

行政書士阿部総合事務所では、補助金そのものよりも、補助金申請を契機として経営計画や事業計画作成をサポートすることで、事業者のお役に立つことを目標としています。

ですので、いわゆる”丸投げ”と考えている事業者からの補助金申請業務は受任できないことが多いです。

なぜなら、弊所の経営姿勢とオファーをする事業者の経営姿勢がマッチしないから。

 

おかげさまで、補助金申請を過去にご依頼いただいた事業者様からの紹介案件がここに来て格段に増えています。

つい先日も、「一緒にいろいろと考えてくださって勉強になった」と仲間から聞いて電話をしてくださった経営者さまとお話ししまして。

嬉しいことですね。

 

今後も、その事業者の経営にプラスになるような補助金申請を支援していきたいと考えています。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

Return Top