「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

「エンディングノートの書き方なんて人それぞれ」 それ、違いますよ!|行政書士阿部総合事務所

 

エンディングノートの書き方なんて人それぞれ。

正しいやり方なんてないんでしょ?

 

そう聞いてこられたのは40代の女性。

 

先に結論を言ってしまいましょう。

 

正しいエンディングノートの書き方は絶対にあります。

 

エンディングノートの書き方が人それぞれ、なんてことは絶対にありません。

 

書店に行けば多くのエンディングノート関連書籍が売られています。

インターネットで検索すれば、多くの無料エンディングノートをダウンロードすることが出来ます。

葬儀屋さんにお問い合わせをすれば、販促ツールとしてのエンディングノートをもらえることがあります。

 

 

私が書いた『週末相続ノート』もエンディングノートの性質を持っています。

しかし、「エンディング」の場面だけに活用してほしいわけではないから「エンディング」という名前はつけませんでした。

「死」や「終末期」を連想させるエンディングという言葉を避ける意味あいで、『◯◯ノート』、『△△手帳』などという名称で出回っているものも多い。

今の時代、数多くのエンディングノートが皆さんのそばにあるのです。

そして、書こうと思いさえすれば、すぐにでもエンディングノート作成に取り掛かることができる。

 

しかし。

 

 

間違ってはいけないのは、ここです。

 

エンディングノートに書く事柄は人それぞれ

 →これは正しいです。

 

エンディングノートの書き方は人それぞれ

 →これは誤りです。

 

 

では。

正しいエンディングノートの書き方。

どうすれば、エンディングノートを正しく書くことが出来るのでしょうか?

 

ノウハウのいくつかは拙著、『週末相続ノート』に書きました。

伝えきれないものは今後開催するセミナーを利用してご参加いただく方に直接お伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

なぜ従来のエンディングノートではなく『週末相続ノート』なのか|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区なぜ従来のエンディングノートではなく『週末相続ノート』なのか|行政書士阿部総合事務所 | 働き方・生き方 | 週末相続トレーナー|行政書士阿部総合事務所|東京都北区

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top