土地建物の幽霊屋敷化を防ぐためには初動が大切|行政書士阿部総合事務所

土地建物の幽霊屋敷化を防ぐためには初動が大切|行政書士阿部総合事務所

  犯罪の温床になっていたり、密かな心霊スポットとなったり、日本各地には「幽霊屋敷」と化した土地建物が点在します。 昔、隆盛を誇ったホテル、病院、工場 その跡地が幽霊屋敷化してしまうのはいくつかの原因があります。   運...

登記所に行かずして自宅で土地建物の登記簿の状況が分かるって本当ですか?|行政書士阿部総合事務所

登記所に行かずして自宅で土地建物の登記簿の状況が分かるって本当ですか?|行政書士阿部総合事務所

おはようございます。 エンディングノートをもっともっとも自分だけのものにするために。 週末相続トレーナーの行政書士阿部隆昭です。   自分一人だけで自分の財産整理をしようと思ったときに便利に使えるのが登記情報提供サービス。 登記情...

「年月日退職慰労金給付」という登記原因による所有権移転|行政書士阿部総合事務所

「年月日退職慰労金給付」という登記原因による所有権移転|行政書士阿部総合事務所

  不動産登記簿を見ていたら見慣れない登記原因がありました。 年月日退職慰労金給付 株式会社A→甲 への所有権移転の場面。 甲はAの取締役でした。 退職慰労金なので、Aを退職したときに退職「金」として、物の給付を受けたということで...

【保存版】住宅ローンを完済すれば担保としての抵当権も実体上消えている。登記簿上残っていたとしても|行政書士阿部総合事務所

【保存版】住宅ローンを完済すれば担保としての抵当権も実体上消えている。登記簿上残っていたとしても|行政書士阿部総合事務所

一般の方が知らないのは当然ですが、融資業務を扱っている金融機関の担当者も知らないことが多い。 昨日も馴染みにしている金融機関の担当者から質問がありました。   住宅ローンを組むときには、不動産を担保に提供するのが通常です。 マンシ...

【詐害行為取消訴訟】不動産登記申請情報の電話番号の記載で詐害性ありとされた事例|行政書士阿部総合事務所

【詐害行為取消訴訟】不動産登記申請情報の電話番号の記載で詐害性ありとされた事例|行政書士阿部総合事務所

    A→B→C→D→Eと転々移転された登記簿がありまして。 口頭弁論調書1通と確定判決3通。 被告の一人は、陳述擬制。   詐害行為取消で最後のEからAまで巻き戻しで抹消して、Aに戻した段階で強制執行すると...

今まで見てきたなかで最高の数次相続、たぶんもうコレを超えるものはないかも|行政書士阿部総合事務所

今まで見てきたなかで最高の数次相続、たぶんもうコレを超えるものはないかも|行政書士阿部総合事務所

権利証は良く見るのですが、申請書副本(新不動産登記法施行前)見て驚きましたね。 これほどの数次相続はみたことがないです。 相続の原因が「家督」で入っているんですよね。 旧民法の家督相続は、戸主の隠居等の生前相続も含まれるため、これだけの数次...

「一筆の土地上に2棟の建物を建てられるか?」という質問に対する回答の方法|行政書士阿部総合事務所

「一筆の土地上に2棟の建物を建てられるか?」という質問に対する回答の方法|行政書士阿部総合事務所

  ネットで検索するとこの類の疑問はかなりあるようで、その回答についてもスッキリとするものがなかなかありません。 都内のある役所の建築課の方とお話しをしているうちに、そもそも前提の捉え方の問題なんだと気付きました。   ...

Return Top