解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

【朗報】最新情報!混合介護特区が豊島区でスタート、家族のお掃除も同時にね|行政書士阿部総合事務所

【朗報】最新情報!混合介護特区が豊島区でスタート、家族のお掃除も同時にね|行政書士阿部総合事務所

      混合介護、東京・豊島区で解禁へ ~家族向けサービスも一体提供 介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」が2017年度中にも東京都豊島区で解禁される見通しとなった。地域限定で規制緩和する国家戦略特区の制度を活用し、豊島区が月内にも事業計画をまとめ、国に提案する。実現すれば全国で...

外国人介護ヘルパーさんが自宅に入るのを日本人が許容できるかが最大の問題|行政書士阿部総合事務所

外国人介護ヘルパーさんが自宅に入るのを日本人が許容できるかが最大の問題|行政書士阿部総合事務所

いよいよ新しい在留資格「介護」が現実のものになるようですね。 介護現場に外国人実習生…衆院委で2法案可決 介護現場に外国人実習生…衆院委で2法案可決 (読売新聞) – Yahoo!ニュース 介護現場への外国人の受け入れ拡大に向けた技能実習適正実施・実習生保護法案と出入国管理・難民認定法改正案が21日の衆院法務委員会...

知ってたほうがいい!、”うちのお父さん認知症かな?”と思ったときに最初にすること|行政書士阿部総合事務所

知ってたほうがいい!、”うちのお父さん認知症かな?”と思ったときに最初にすること|行政書士阿部総合事務所

行政書士の中でも地域の高齢者支援をミッションとして業務をしている行政書士阿部隆昭は、仕事柄、地域の介護事業所や公的機関との関わりがいくつかあります。 高齢者の集まりにボランティアとして出かけることも多いので、認知症のことをよく聞かれるのですね。 認知症サポーターではありますが、介護や看護は専門ではありません。 専門は相続などの...

【成年後見申立の動機ランキング】、あなたのお父さんはまだ大丈夫ですか?|行政書士阿部総合事務所

【成年後見申立の動機ランキング】、あなたのお父さんはまだ大丈夫ですか?|行政書士阿部総合事務所

            最高裁判所家庭局が公表しているデータによりますと、成年後見等の申立の動機ランキングの第1位は、「預貯金等の管理・解約」でした。 成年後見という用語をなんとなく聴いたことがあるけれど本当のところはよく分からないという方がほとんどでしょう。 身内に...

外国人看護・介護人材を雇用する病院・福祉事業所が抱える3つの課題|行政書士阿部総合事務所

外国人看護・介護人材を雇用する病院・福祉事業所が抱える3つの課題|行政書士阿部総合事務所

1.受入施設の経済的負担 2.国家試験の合格 3.日本の暮らしに馴染むかどうか   外国人介護人材を検討しているデイサービスや特別養護老人ホームから相談を頂くことも多いです。 現時点では日本人スタッフで有能な介護人材が集まらないので外国人はどうなのか?という視点なのですが、どうやら事業者様の多くの「EPA」という用語...

あなたのお父さんが認知症になる前に出来ることがあります!|行政書士阿部総合事務所

あなたのお父さんが認知症になる前に出来ることがあります!|行政書士阿部総合事務所

地域の高齢者支援に取り組んでいる行政書士阿部総合事務所です。 という自己紹介の出だしを久々に昨日イベントで使いました。 以前、といいますかもちろん今もなのですが、精神障害者の就労移行支援施設のグループホーム運営委員を務めたり、発達障害の子の学習サポートを行っているNPO法人の顧問をしたり、認知症カフェなどの地域ささえあい活動に...

「目指せ肉メン・肉食女子」フレイルティ、サルコペニア予防のために|行政書士阿部総合事務所

「目指せ肉メン・肉食女子」フレイルティ、サルコペニア予防のために|行政書士阿部総合事務所

エルダリープレスシニアライフ版2016年6月号に面白い特集が掲載されていました。 加齢により心身の活力が低下することをフレイルティ 、筋肉量が減ってしまうことをサルコペニアと呼ぶことは、懇意にしている地域包括支援センターの方から聞いたことがあります。 年齢を重ねるに従って、筋力や認知機能などが衰え、生活の質が低下してしまうのは...

【最高裁判決】認知症の人を介護する家族に監督責任ナシ、損害賠償責任ナシ?!|行政書士阿部総合事務所

【最高裁判決】認知症の人を介護する家族に監督責任ナシ、損害賠償責任ナシ?!|行政書士阿部総合事務所

認知症男性の死亡事故、JRが逆転敗訴 最高裁「家族に監督義務なし」 認知症男性の死亡事故、JRが逆転敗訴 最高裁「家族に監督義務なし」   認知症の男性が徘徊中に列車にはねられて死亡した事故をめぐって、JR東海が遺族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は3月1日、家族に賠償責任はないとする判決を言い渡した。...

Return Top