「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】正社員雇用している外国人はアルバイトをしてもいいのか?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】正社員雇用している外国人はアルバイトをしてもいいのか?|行政書士阿部総合事務所

実際に飲食店を複数店舗運営する経営者から頂いた質問です。 外国人のアルバイトというと、留学ビザを持っている専門学校生や大学生などが居酒屋等の飲食店で働くケースが圧倒的に多い。 ですが、留学ビザでステイしている外国人ではなく、就労ビザで在留している外国人をアルバイトとして雇用することができるのか?という問題です。 原則として、就...

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

外国人留学生がアルバイト出来る時間は、1週間で28時間以内。 これは入国管理法で決まっているのですが、この28時間という時間は以外にも事業所の間で浸透している感じがします。 行政書士阿部総合事務所では数多くの外国人雇用コンサルティングを行っておりますが、以前、このような質問を受けました。 「外国人留学生のアルバイト時間は、一社...

当事務所に依頼しなくてもいいから知っておいて!外国人採用のビザ申請は最初の申請内容が超大事だということ|行政書士阿部総合事務所

当事務所に依頼しなくてもいいから知っておいて!外国人採用のビザ申請は最初の申請内容が超大事だということ|行政書士阿部総合事務所

雇用主である受け入れ先企業が自分で考えて申請した外国人社員採用のビザ申請も、行政書士が専門的知識を加味して作成し提出してビザ申請も、入国管理局からすれば扱いは同じです。 最初に申請したビザ変更の内容は記録として残されるのはもちろん、入国管理局の心象もそこで形成されます。 何が言いたいのかというと、 最初に申請したビザ変更の内容...

東京入国管理局の就労ビザ変更に4か月かかると雇用計画が成り立たない|行政書士阿部総合事務所

東京入国管理局の就労ビザ変更に4か月かかると雇用計画が成り立たない|行政書士阿部総合事務所

国の外国人雇用対策として以下のことが提言されています。 外国人雇用対策 Employment Policy for Foreign Workers |厚生労働省 経済社会の国際化・グローバル化の進展に伴い、就労を目的として我が国に入国、在留する外国人は増加しておりますが、その就労状況をみると、雇用が不安定であること等の問題があ...

難民ってナニ?、法務省資料「難民と認定した事例及びその判断のポイント」から難民認定の判断のポイント|行政書士阿部総合事務所

難民ってナニ?、法務省資料「難民と認定した事例及びその判断のポイント」から難民認定の判断のポイント|行政書士阿部総合事務所

法務省入国管理局が難民認定にかかる資料を公表しています。 法務省:平成27年における難民認定者数等について 難民認定申請を行った者(以下「申請者」という。)は7,586人であり,前年に比べ2,586人(約52%)増加 申請者の主な国籍は,ネパール1,768人,インドネシア969人,トルコ926人,ミャンマー 808人,ベトナム...

平成29年4月改定!、永住許可の原則10年在留がまさかの1年だけに?!|行政書士阿部総合事務所

平成29年4月改定!、永住許可の原則10年在留がまさかの1年だけに?!|行政書士阿部総合事務所

  先日、ある入管職員の方と別件でお話ししていたときに、永住許可の要件緩和について話が及びまして。 普通に在留している外国人が10年で永住権を取れるところが、ある条件を満たすと、それが1年で永住許可をもらえるようになったと。   この改正は、外国人の中ではとても大きなインパクトを持って迎えられています。 私...

「企業内転勤」ビザを申請するには転勤前の業務を1年間しなければなりません|行政書士阿部総合事務所

「企業内転勤」ビザを申請するには転勤前の業務を1年間しなければなりません|行政書士阿部総合事務所

  海外の子会社に勤務する従業員を日本の親会社に呼び寄せる際に利用されるのが「企業内転勤ビザ」 文字どおり、同じ企業内で転勤するから、企業内転勤 とても分かりやすいですね。   海外の現地法人から簡単に呼び寄せることが出来ると考えている企業も多いのですが、実はそれほど簡単ではありません。 その理由の一つが、...

外国の物価からすれば行政書士が受任するビザ申請報酬は皆高い|行政書士阿部総合事務所

外国の物価からすれば行政書士が受任するビザ申請報酬は皆高い|行政書士阿部総合事務所

昨日、ご依頼頂いたビザの更新申請が無事許可されましたので、新しい在留カードなどの引渡しにご依頼者様が事務所に訪れました。 以前から当事務所をご利用くださっていた企業様でしたし、考慮すべき事情がありましたので今回に限って特別の金額でお受けしました。 正直なところ、次回はちょっと出来ないなあという報酬額です。   そこで...

Return Top