外国人雇用と資金調達に強い行政書士阿部総合事務所

「遺産分け」で最も多い質問は、遺産分けの話し合いを誰が切り出すか?、いつ切り出すか?なのです|行政書士阿部総合事務所

「遺産分け」で最も多い質問は、遺産分けの話し合いを誰が切り出すか?、いつ切り出すか?なのです|行政書士阿部総合事務所

遺産分け(遺産分割協議)の話しをいつ始めたらよいのですか? とお問い合わせを受けることが多いです。 先日もこのブログで遺産分けの基本について二つの記事を書きました。 これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分けって何?|行政書士阿部総合事務所 これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」...

専門家でも知らない、実は自筆証書遺言でこそ「付言」が大切なたった一つのワケ|行政書士阿部総合事務所

今だから知っておきたい遺産分け大相談会

  遺言書(専門家は「いごんしょ」と読みます)は、大きく二種類に分けられます。 自筆証書遺言:遺言者が自分だけで書き残す遺言 公正証書遺言:公証人が関与して書き残す遺言。 自筆証書遺言も、公正証書遺言も、法律(民法)で規定された法律文書として成立しますので、どちらが有利不利といった性質上の違いはありません。 そのうち...

【成立した遺産分けの話し合い】ちゃんと内容を書面にしていますか?|行政書士阿部総合事務所

【成立した遺産分けの話し合い】ちゃんと内容を書面にしていますか?|行政書士阿部総合事務所

遺産分け(遺産分割)の話し合いは、ときに相続人同士の駆け引きもあり、とても疲れるものですよね。 相続人が多いければ多いほど話がまとまるまでに時間がかかります。また、遺産の額が多く、種類も多岐にわたる場合にも複雑な話し合いになる傾向があります。 相続人の中に遺産分けの話し合いを先導する方がいらっしゃる場合には意外にすんなり話がま...

これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分けってどうやるの?|行政書士阿部総合事務所

これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分けってどうやるの?|行政書士阿部総合事務所

  悩みを抱えているときも、「ジョージ・クルーニーだったら、どう行動する?」というたった一つのマジックワードが頭の角にあれば大丈夫、どんな難しい問題でもね。   昨日このブログに書きました遺産分けの記事はいかがでしたでしょうか? これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分...

これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分けって何?|行政書士阿部総合事務所

これだけ知っていれば親に説明出来る!「遺産分割」「遺産分け」の基本のキ、遺産分けって何?|行政書士阿部総合事務所

  子供世代にとって誰もが気になるのが親の遺産の行方です。 親の遺産はどれぐらいあるのか? 土地なのかマンションなのか、株券なのか、預金なのか? 兄貴はいくら渡すつもりなのか?、妹よりも多くもらえるようになっているのか?   不謹慎ながらも一生に一度の不労所得の大チャンスですので、不安と期待は否が応でも膨ら...

「遺産分け」で揉めた場合に頼るべき無料の公的サービスは知っていますよね?|行政書士阿部総合事務所

「遺産分け」で揉めた場合に頼るべき無料の公的サービスは知っていますよね?|行政書士阿部総合事務所

  揉めないように揉めないように気を遣っていても、いとも簡単に揉めるのが「遺産分け」です。 私が前職で一部上場企業からお話を持ち込まれた案件は、ちょっとした感情のスレ違いからお互いに口も聞かなくなくなってしまって事例。 同じマンション、横並びの同じフロアに兄弟の部屋があるのですが、それは大変だったでしょう。 といって...

「遺産分け」と「遺産分割」の違いは何ですか?|行政書士阿部総合事務所

「遺産分け」と「遺産分割」の違いは何ですか?|行政書士阿部総合事務所

  死後に亡くなった方の財産を家族(相続人)で分ける話し合いのことを、「遺産分け」とか「遺産分割」と呼んだりします。 皆さんも、「遺産分けで揉めている」、とか、「遺産分割の話し合いが未だ済んでいない」といった親戚の愚痴などを聴いたことがありませんか? 遺産分け=揉め事というイメージがありますが、ほとんどの相続は円満に...

相続を争族にさせないためのたった一つの方法|行政書士阿部総合事務所

相続を争族にさせないためのたった一つの方法|行政書士阿部総合事務所

  自分には何も否がないのに相続争いに巻き込まれることがあります。 メディアなどでは、相続の争いのことを「争族」や「争続」といった表現でなされることも多くなりました。   争族にさせない方法が実は一つだけあります。 結論から先に言ってしまいますが、それは、   初動を誤らないこと   こ...