創業融資を成功させたいときの「創業計画書」の記載ポイント|行政書士阿部総合事務所

December 1, 2021
237 views
約 2 分

行政書士あべせんせーチャンネル

行政書士阿部総合事務所公式YouTubeチャンネルです。 補助金情報、創業支援などの情報提供

「行政書士あべせんせーYouTube創業塾」

今回は、前回の事業計画書の続きとなります。

事業計画書には、読み手が存在するということが一つ。

さらに、読み手に合わせて事業計画書の記載内容を工夫する必要がある、ということもお伝えしました。

事業計画に限らず、企画書だったり、提案書・報告書、ビジネス上の文書にはほぼ全て読み手が存在しますが、その読み手の存在を意識しなければ「良い」文書にはなりません。

今回から2回に分けて、事業計画の読み手に合わせて記載する際にポイントを短くお伝えしていきます。

まずは、金融機関や投資家など、資金調達を目的とした事業計画書を作る場合には、最低限ここを工夫して書かないと読み手を動かすような文書とはなりません。

題材として日本政策金融公庫が公開している「事業計画書」を使っています。

創業計画書の作り方がそもそも理解できない、といった方々にも参考になる内容です。

ご興味ある方はぜひ最後までご覧ください。

行政書士阿部隆昭

 

 

「行政書士あべせんせーYouTube創業塾」公式サイトに、これまでに公開した動画コンテンツがまとまっています。

画像クリックで閲覧できます。

 

 

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。