「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

意外に高い!高齢者のインターネット利用率 しかし高齢者被害を防ぐには若者のチカラが必要|行政書士阿部総合事務所

 

 

総務省が公開している平成25年版情報通信白書にインターネットの利用状況が報告されています。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc243120.html

ehr_bor

 

 

 

 

 

 

 

※出典 総務省

 

65歳以上のインターネット利用はおおむね増加傾向にあるが、世代や年収間の格差はいまだに存在
平成24年末における個人の世代別インターネット利用率は、13歳~49歳までは9割を超えているのに対し、60歳以上は大きく下落している

 

世代間格差があるのは仕方がないとしても、60代前半も後半の方も6割から7割の利用率があるとは意外な感じがしました。

というのも、最近関わった高齢者の方のほとんどがメールはやっているけどインターネットはしていないという方ばかり。

パソコンはあるけれど、インターネットにはつないでおらず、もっぱら文書作成のためだけに使っている方も身近に多いです。

 

 

国民生活センターによる下記のような注意喚起も本当に届いて欲しい年齢層には届いていないのかもしれません。

粗品をきっかけに通っていたら、2カ月間で500万円の契約(見守り情報)_国民生活センター粗品をきっかけに通っていたら、2カ月間で500万円の契約(見守り情報)_国民生活センター

 

 

 

 

この被害に遭われたのは80代の女性です。

先ほどのグラフをみると、80代の方の10人に1人、2人しかインターネットの情報に触れていません。

 

高齢者被害を防ぐには、インターネットの利用率の高い世代が、インターネット利用率が低く最新情報に接する機会が少ないであろう方々に教えてあげるといったことも必要になりそうです。

 

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top