「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

外国人介護人材の技能実習制度が着々と進展しているようです|行政書士阿部総合事務所

外国人実習生、介護現場にも 11月から職種拡大 指導に戸惑う施設も

外国人実習生、介護現場にも 11月から職種拡大 指導に戸惑う施設も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース外国人実習生、介護現場にも 11月から職種拡大 指導に戸惑う施設も (西日本新聞) – Yahoo!ニュース
業界で話題になっている介護人材としての外国人技能実習制度。
来年三月に向けて着々と準備は進んでいるようです。
11月1日から外国人技能実習制度の対象職種に「介護」が加わるのを前に、これまで外国人を雇ってこなかった九州の介護現場で歓迎ムードが広がっている。制度の趣旨は「国際貢献」だが、2025年には全国で38万人の人材不足に陥るとされるだけに関心は高く、宿舎を新築して待ち構える動きも。一方で、文化や価値観の違いを踏まえた十分な指導ができるかどうか、戸惑う声も漏れる。
2025年には全国で38万人の人材不足を補うものではなく、外国人技能実習制度のそもそもの趣旨は、「技能移転」。
つまり、日本で技能を身につけ、外国人の本国での産業振興に活かすのが目的です。
日本で学んだ技能は、日本で活かすのではなく、本国で活かすのが大前提。
外国人介護人材として来日しても、原則的にはいずれ本国に帰国し、身につけた技能で活躍する人たち。
介護関連の人材不足を抜本的に改善するための制度ではありませんが、国際貢献の意味合いもあるので当面は外国人介護人材の登用は盛んになるのでしょうね。
技能実習生の受け入れについては問い合わせを受けることも多いので、推移を注目しています。
解決支援コンサルタント行政書士阿部隆昭

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top