「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

経営者の右腕人材が覚えておきたい「参列者の誰もが立派だったと言う弔辞」の作り方|行政書士阿部総合事務所

弔辞、喪主挨拶の作成代行サービス、作るタイミングはいつ?|行政書士阿部総合事務所

弔辞、喪主挨拶の作成代行サービス、作るタイミングはいつ?|行政書士阿部総合事務所  |  行政書士阿部総合事務所@北区赤羽弔辞、喪主挨拶の作成代行サービス、作るタイミングはいつ?|行政書士阿部総合事務所 | 行政書士阿部総合事務所@北区赤羽

弔辞、喪主挨拶の作成代行サービスも行っている”経営者の右腕人材サポーター”行政書士阿部隆昭です。

次は「立派な弔辞」の条件を書きましょうとなってから随分な日が経ってしまいました。

日頃は遺言書とか遺産分割協議、任意後見、契約書、社内規程の記事を書いていますので、たまにはこういった記事を書くのは楽しいです。

さて、書いてみましょう。

葬儀の参列者の誰もが立派だったと言う弔辞の条件

1.時系列で書かれていること。
2.誰も知らないエピソード一つ以上含まれていること。
3.故人に影響されて成長したエピソード一つ含まれていること。
4.ゆっくり読んで2分間の文字量に収めること。

 

どれも大切なのですが、ポイントだけお伝えしますと、

条件2の「誰も知らないエピソードが一つ以上含まれていること」は、一つ以上ですのでエピソードは一つである必要はありません。しかし、

条件3の「故人に影響されて成長したエピソードが一つ含まれていること」では、入れても良いエピソードは一つです。よろしいでしょうか?、一つ以上ではないので間違わないでくださいね。

条件4も大切です。葬儀告別式で弔辞を早口で読み上げる方に今までお目にかかったことあるという方はいらっしゃいますでしょうか?大丈夫ですよね。ゆっくり読んで2分間、これ絶対なので守って下さい。1分間で終わらせた場合は簡素な印象を与えますし、2分間を超えると参列者にとって苦痛時間になり、どんなに素晴らしいことを言っていても心に残らないばかりが冗長な印象だけを与えてしまいます。

弔辞の時間は2分間が絶対であるワケ

2分間という意識を持たない限りは3分、4分が当たり前になるから。

このブログをお読み頂いている貴方にも一度や二度の葬儀の参列経験はおありでしょう。

”いつ終わるの?この弔辞”

と思われたことはないでしょうか? あると思います、きっと。

そう思われたら最後、長時間かけて練りに練った弔辞も作ったかいがありませんよね。

 

さて、弔辞を作るのであれば、参列者の誰もが立派だったという弔辞を作りたい。そうですよね。

条件は4つ挙げましたので、誰でも作ることが出来るはずです。

ですが。

万が一、4つの条件を守っても満足のいく弔辞が出来なかった場合には、”経営者の右腕人材サポーター”行政書士阿部総合事務所が弔辞、喪主挨拶の作成を承ります。

【弔辞作成依頼、喪主挨拶作成依頼の流れ】

まずはお問い合わせフォーム又はお電話050-3638-0876までご連絡をお願いします。
ご依頼者様の「氏名」「住所」「年齢」「メールアドレス」をお教えください。

1.ヒアリングシートのご記入
当事務所からヒアリングシートをデータで送信しますのでご記入いただき返信ください。お急ぎの方は当事務所にご連絡のうえ来所いただくのでも結構です。

2.案文作成
頂いた情報を元に弔辞又は喪主挨拶の案文をお送りしますので、事実関係等をご確認頂きます。

3.納品
チェックの結果が問題ないでしたらそのまま納品となります。

4.費用のお支払
納品後3日以内に指定の銀行口座にお振り込み頂くか、クレジットカードにてお支払頂きます。

【弔辞作成依頼、喪主挨拶作成依頼手続き報酬】

¥30,000(税抜)
プロフィール

報酬額のご案内

お客様の声

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top