解決支援コンサルタント/行政書士阿部総合事務所

資格取得を目指すのにヴィジョンもミッションも必要ないですよ|行政書士阿部総合事務所

東洋経済オンラインに面白い記事がエントリーされていました。

仕事のできない人は不穏なセミナーにハマる

仕事のできない人は不穏なセミナーにハマる | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準仕事のできない人は不穏なセミナーにハマる | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
 
 

特に、次のようなセミナーには要注意です。

①    受講中に参加者の自由を奪うセミナー

洗脳は、新しい思考に入れ替えることです。そのためには、一度、脳を混乱させて、書き換えやすい状態にします。

②    大音量の音楽で感覚を麻痺させるセミナー

③    音楽を大音量で流すことは、軽い催眠状態を引き起こし、参加者の判断能力を下げる効果があります。

④    参加者の人格否定をするセミナー

 
記事中、要注意とされる上記のセミナーは、もはや普通のセミナーではありませんよね。
 
大音量の音楽、人格否定
 
洗脳する気まんまんです。
 
世の中、こんなにひどいセミナーもありますよ!と例を挙げつつ
 
セミナーの出口に気をつけて、自分のミッションを持ちながらセミナーに参加しないと無駄ですよ。
 
と言いたかったのだと思います。
 
 
資格試験についても触れていて。
 
お金は取り返すことができるが、時間は取り返すことができない、というのも全くその通り。
 
 
もちろん、明確なヴィジョンなりミッションを持つのは大切だと思いますし、引き返す判断はときに必要です。
 
しかし、「ステップアップへと突き進む前に、「どうやって、この資格をビジネスに活かすか(お金に換えるか)」といった具体的なビジョンを見定める必要があ」るとは、私、必ずしも思いません。
 
 
というのも。
 

資格を取った後の未来は、勉強中には全て見えてこない。

 
 
資格を取り、
 
本職として自分が認識し、
 
他人からも本職として認識してもらう。
 
 
そこから拡がる世界は恐ろしく大きいのです。
 
資格試験の受験予備校が「この資格を取るとこんなに素晴らしい未来が広がっている」と言うのとは全く違う意味で広くて大きい。
 
これって、机上の勉強では実感することが決してなく、自分の足で歩いて体全面で世間の風に当たって初めて分かること。
 
 
 
意識の問題なんですよ。
 
自覚の問題なんです。
 
 
一国一城の主ともなれば、その城を守る以外ないですよね。
 
建ててしまったんだから、「城」を。
 
建てた城を守ろう、維持しよう、未来に続けよう、という意識が自分の中にあるのとないのとでは、その後の人生に歩き方が全く違う。
 
その一点において、国家資格だろうと、民間資格だろうと、認定資格だろうと資格を取得することには意味がある。
 
取得するだけで。
 
 
「お前にはヴィジョンがない!」
 
とか、
 
「ミッションとかないの?」
 
と言う人は次に必ずこう言ってきます。
 
 
 
資格だけあっても、使えねーし。
 
資格があっても食えないでしょ。
 
 
 
こんなですね、あったりまえの、モチのロンのことを言う人は未だにおりますし、これからもずっと居続けるのですが。
 
そんな人はバックミラー越しに見て、サッサと自分だけの別の未来を見に行きましょう。
 
 
 
 
 
 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top