「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

遺言は『いごん』なのか『ゆいごん』なのか?、母の形見の昭和38年版明解国語辞典で調べてみた|行政書士阿部総合事務所

母の形見で、私がもっとも大事にしているもの。

それが、金田一先生の「明解国語辞典」です。

物書きが好きだった母が使い倒したもので、子供時分の私もよくこの辞典を利用しました。

遺言は「いごん」なのか「ゆいごん」なのか?

法律家なら「いごん」、一般の方なら「ゆいごん」

まぁ、そのようなことになるので、今更感は否めませんが。

先ずは「ゆいごん」↓

 

「死後に残すことば。」と、あります。

 

 

続いて「いごん」↓

「自分の死後に効力を生じさせる目的でする、意志表示。ゆいごん」

 

さらに[法]という文字も見えます。

これは

「そのことばの使われる特殊な場面、いわゆる、位相の別を示したものである。」とされています。

つまり、『いごん』は法律用語としても扱われているようですね。

 

それにしても。

当時、辞典って480円だったんだぁ。

とか

 

 

金田一京助先生は国学院の教授で、春彦先生は外大の教授だったのね、とか。

 

いごん・ゆいごんの旅はいろいろ楽しめました♪

 

 

ちなみに。
『いごん』のところで、「意思表示」とされるべきところが「意志表示」になっているので、そこも調べました。

意思表示の説明は、「私法上の効果を発生させるためにする意思の発表」とあって、

ここにも[法]がありましたね

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top