資金調達と外国人雇用に強い行政書士阿部総合事務所

認定経営革新等支援機関(中小企業庁)

「春の彩りを食卓にお届けできればと思っております。」と、「春の彩りを食卓にお届けします!」|行政書士阿部総合事務所

December 27, 2023
337 views
約 2 分

創業塾などの講師仕事をしていると、商品やサービスをマーケティング目線で見てしまうのが癖になってしまいます。

スーパーの野菜コーナーで販売している「菜の花」

「春の彩りを食卓にお届けできればと思っております。」

という文言ですが、

「春の彩りを食卓にお届けします!」

のほうが、この商品を手に取ってカゴに入れようかどうしようかと思っている方には伝わるのになあ、と思いました。

ですが、

「春の彩りを食卓にお届けできればと思っております。」

を選んだのにはそれなりの理由があると考えつつ。

もしかしたら、上の文章とレイアウト的に同じ長さで合わせる、ということに重きを置いたかもしれません。

もちろん、「均等割」しているので同じ文字数ではないのですが、「春の彩りを食卓にお届けします!」よりは文字の長さとしては同じ感じに収まりそうです。

さらに、「春の彩りを食卓にお届けできればと思っております。」は、生産者として丁寧な気持ちといったものも伝えられそうです。

「これが正しい」といったものがないだけに、悩ましいといいますか面白いといいますか。

次回、創業塾のマーケティングの中でのテーマとしても考えてみたいと思います。

行政書士阿部隆昭

About The Author

行政書士行政書士阿部隆昭
創業支援と資金調達に強い東京都北区赤羽の行政書士阿部隆昭。
事業計画書作成支援、創業融資申請サポート、補助金助成金申請、契約書作成、ビザ申請など、中小企業支援業務をメインに業務を行なっています。
業務経験20年の知見をフル活用し、クライアント様の事業運営をサポートします。