Read Article

平成30年度補正予算ものづくり補助金一次公募が公募要領公表から一週間で締め切られた理由|行政書士阿部総合事務所

平成30年度補正予算のものづくり補助金の公募があったことを知ったのが一次締め切りの後だったという事業者もいるでしょう。

なにしろ、公募要領が公開されたのが2月18日

第一次の締め切りが2月23日笑

もちろんですが、事前に準備をしていた事業者でなければ応募自体無理なスケジュールですね。

どうしてこのようなことになったのか?

問い合わせが相次いだのでしょう。

第一次締切分及び第二次締切分の応募案件の取り扱いについて(全国中小企業団体中央会)(PDF形式)

上記の資料が公開されています。

第一次公募で採択されるのは特に評価が高い申請のみ、と記載されています。

第一次公募で採択されなかった申請は、そのまま第二次審査持ち越しして、第二次応募分と一緒に審査されるとのこと。

 

補助金申請で難しいのは、補助金で定める事業の実施期間と、補助金を申請する事業者の事業実施期間がマッチングしないこと。

一度でも補助金申請にチャレンジした事業者であれば理解できると思います。

設備を導入しようと検討していても、その設備を導入して事業を実施する期間と補助金の実施期間の終了時が異なるために申請を断念すること。

 

いずれにしても、ほとんどの事業者は第二次公募で申請するでしょうから問題はないかと思います。

平成30年度補正予算のものづくり補助金の申請代行を行政書士阿部総合事務所では承っています。

お問い合わせ、相談予約はこちらのフォームからお願いします。

行政書士阿部隆昭

 

 

 

Return Top