Read Article

行政書士あべせんせーチャンネル

補助金業務の受任方法、受任可否の基本方針を次回公募から変更します|行政書士阿部総合事務所

”これは明らかに失敗するだろうなぁ”という考え方をされている経営者にお会いすることがあります。

国には補助金が余っているだろうから補助金をもらわないともったいない。

どうせ使わないかもしれないけれども申請できるものなら申請しておこう。

こういった考え方をする事業者とは補助金をきっかけとして経営に失敗していく道をたどる可能性が高いと考えている。

その理由は、自分では何も考えていないからである。

それはそうだろう。

お金が余ってるからもらうだけでも使い道が分からない、どういう事業に使うかも決まっていないけれども欲しい、というのでは資金調達をしてもその資金を有効活用できるわけがない。

そもそも取り組みたい事業がないのであるから、お金をきっかけに、お金メインでやりたい事業取り組むのは筋から言って誤り。

補助金と言う、たまたまラッキーで知った甘い蜜、知ったからには甘い蜜を吸いたい。

わかる気もするだけれども、本来それを知らなければ補助金を使った事業などしないはずなのに、してしまったことで経営を圧迫してしまうのである。

「こんなことなら補助金なんて採択されなければよかった」ということも実際に過去の採択事業者から聞いたことがある。

今回の新型コロナウィルス感染症対策として様々な支援策が国、自治体などから公表されている。

本当に欲しい、本当に必要な事業者に適切な支援策が届けばいいと、補助金申請サポートを専門業務としている行政書士阿部総合事務所の正直な感想です。

資金調達を支援することで経営課題を抱える事業者様のお手伝いをできることが弊社の喜びではありますが、次の補助金申請からは受任の方法、受任の可否の判断を変えることにしました。

具体的にどう変えるかと言う事はここでは明らかにしませんが、本当に補助金を必要としている支援に注力をしていく。

このことだけは間違いがありません。

行政書士阿部隆昭

Return Top