「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】正社員雇用している外国人はアルバイトをしてもいいのか?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】正社員雇用している外国人はアルバイトをしてもいいのか?|行政書士阿部総合事務所

実際に飲食店を複数店舗運営する経営者から頂いた質問です。 外国人のアルバイトというと、留学ビザを持っている専門学校生や大学生などが居酒屋等の飲食店で働くケースが圧倒的に多い。 ですが、留学ビザでステイしている外国人ではなく、就労ビザで在留している外国人をアルバイトとして雇用することができるのか?という問題です。 原則として、就...

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

外国人留学生がアルバイト出来る時間は、1週間で28時間以内。 これは入国管理法で決まっているのですが、この28時間という時間は以外にも事業所の間で浸透している感じがします。 行政書士阿部総合事務所では数多くの外国人雇用コンサルティングを行っておりますが、以前、このような質問を受けました。 「外国人留学生のアルバイト時間は、一社...

【外国人社員雇用Q&A】「建設現場で外国人を雇用することが出来るのでしょうか?」|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】「建設現場で外国人を雇用することが出来るのでしょうか?」|行政書士阿部総合事務所

                建設現場や運送業など人材不足の経営課題を抱える業界から渇望されているのが労働力としての外国人です。 ビザ申請を業務として行っていると相談されることも多いですね。 現在の入国管理行政は、人材不足を抱える業種業態とはうま...

【外国人社員雇用Q&A】日本人と同じように働ける外国人っているの?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】日本人と同じように働ける外国人っているの?|行政書士阿部総合事務所

  外国人社員を雇ってもいいけれどビザが難しくってね。 外国人の在留資格は、働くことが出来るビザと働くことが出来ないビザとに分かれています。 日本人であれば、働く意志があるのに法律的に働くことが出来ない人はいないですよね? ですが、外国人であればそれが当然。   日本人と同じように働くことが出来る在留資格は...

【外国人社員雇用Q&A】接客業で外国人の正規採用は可能か?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】接客業で外国人の正規採用は可能か?|行政書士阿部総合事務所

  先日、秋葉原にiPadAirを買いに行ったとき驚いたのですが、外国人のショップ店員さんって意外に少ないんですね。 外国人客はそれなりにいるので、外国人スタッフの需要はあるのかなと思ったのですが。 小売業や接客業で、外国人社員を使いたいという要請は高く、私も過去に相談を頂いたことがあります。   小売や接...

【外国人社員雇用Q&A】日本人と違う!、外国人留学生の内定が決まったときの書類|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】日本人と違う!、外国人留学生の内定が決まったときの書類|行政書士阿部総合事務所

  就職が内定したとき、会社側から「採用通知書」や「内定通知書」といった書類を発行してもらうことがあります。 会社によって違いますが、中小企業ではほとんどの場合、内定が決まっただけでは書類をもらうことはありません。 さらに、いざその会社で働くことが正式に決まったときでも「雇用契約書」を交わさないことも多いのが現実です...

【外国人社員雇用Q&A】外国人留学生の就職面接で最も大切なポイント|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】外国人留学生の就職面接で最も大切なポイント|行政書士阿部総合事務所

外国人社員を採用する企業側としても、日本企業に就職する外国人留学生からみてもとても大切な問題です。 外国人留学生の就職面接で最も大切なポイントは、仕事の範囲を確認すること。   今までに会社勤めをした方でしたら分かると思いますが、日本企業に就職するときに、「あなたの仕事の範囲は●●です」といった感じで契約書等で確認し...

【外国人社員雇用Q&A】派遣社員でもビザは許可されますか?|行政書士阿部総合事務所

【外国人社員雇用Q&A】派遣社員でもビザは許可されますか?|行政書士阿部総合事務所

「派遣社員でもビザは許可されますか?」 先日開催された日本語学校の「就活相談会」でも外国人留学生から質問がありました。 結論から言えば、派遣社員でもビザは許可されることがあります。   通常の正社員雇用と違って、派遣社員で就労ビザを取得する際に気をつけるポイントは以下の二つです。   1.派遣先での業務内容...

Return Top