「創業支援」と「資金調達」に強い行政書士阿部総合事務所

行政書士事務所開業準備|職印の材質はどうしたら?|行政書士阿部総合事務所

職印のサイズよりも難関なのが、職印の材質です。

これについてもホントにどうなんでしょう。

わかるのは、値段が高いほど良さそうってことだけなんですよね。

そんなに高いものにするつもりはないんですけど。

安いものですぐに角が欠けてしまったりしても困るし。
そうならなければ安いものでもいいのかなっても思います。

例によってこちらのサイト便利な印影プレビュー機能で印影を確認しながら注文
でも素材の説明はしっかりされています。

「柘植」とか、「象牙」あたりは良く聞くのでなんとなくイメージがつきます。

結局私が作成したのは、「黒彩樺」というものです。初めて知ったのですが、合成材のようですね。

「主に寒冷地が産地となっている天然の樺の木と特殊な樹脂を高圧加熱処理して作り出されたシックで
控え目なダーク調の木目が特徴の新しいタイプの印材です。」


だそうです。

どうしてこれにしたのかっていうと、送料無料にしたかったからです(笑

ホントは柘植でもよかったんですが、こちらの販売店では5000円以上で送料無料なんです。

ゴム印も同時に注文したんですけど、5000円にちょっと足りない。

強度的に柘植よりも強いようなので、まあ黒彩樺でいいかと。

彩樺でも、黒彩樺と彩樺というものがあるらしく。

黒彩樺は真っ黒で、黒水牛のツヤなしにした感じの外観らしいです。

彩樺は木目調なのでいいかなって思ったんですが、ネットで見る限りちょっと木目の感じが強いので選択しませんでした。

相続・遺言・遺産分割成年後見入管手続・外国人登録許認可関係契約書・離婚協議書セミナー講師ファイナンシャルプランニングなら東京都北区の行政書士阿部総合事務所へ

相談予約はこちら

相談予約はこちら

まだムダな相談にお金を使っているのですか?


業務経験20年
行政書士阿部隆昭が直接対応します

相談料は2時間まで10,800円です。

お問合わせはこちら

050-3638-0876

Return Top