夫婦は一緒に住まなければならない?配偶者は親族?|行政書士阿部総合事務所

夫婦は一緒に住まなければならない?配偶者は親族?|行政書士阿部総合事務所

夫婦は一緒に住まなければいけません。 だって、法律に書いてありますし。 じゃあ、一緒に住んでよ!って言えるの? その前に配偶者と親族の関係についての話しに付き合ってもらってもいいですか? 結局、その方が話しがわかりやすくなりますし。 お友達...

結婚式の翌日に出した婚姻届。結婚したのはいつ?|行政書士阿部総合事務所

結婚式の翌日に出した婚姻届。結婚したのはいつ?|行政書士阿部総合事務所

先に婚姻届を出してから結婚式を挙げるとか、式の後に届けを出しに行くとか、人によって様々だと思います。 そんなとき、自分たち、いつ結婚したんだろう?って思いませんか? 「結婚したのいつ?」って聞かれたときに答えるのは、 結婚式の日?、婚姻届を...

戸籍簿に記載される前に離婚の事実を証明するには「離婚届受理証明書」を取得すればいい←根拠規定は戸籍法48条|行政書士阿部総合事務所

戸籍簿に記載される前に離婚の事実を証明するには「離婚届受理証明書」を取得すればいい←根拠規定は戸籍法48条|行政書士阿部総合事務所

  取得したことありますよ!という方はあまりいないかもしれません。 本籍地以外の役所に離婚届を提出した等の場合は、その旨が戸籍に記載されるまで相当の日数がかかります。 公的機関に対しての提出等、新たに出来上がる戸籍を待っている余裕...

生活保護と民法上の扶養義務者の優先順位|行政書士阿部総合事務所

生活保護と民法上の扶養義務者の優先順位|行政書士阿部総合事務所

  不正受給でクローズアップされた感のある生活保護制度ですが、本来であれば生活困窮者を日本国という共同体の構成員である国民全体で扶け合うという素晴らしいシステムです。 そんな生活保護制度ですが、民法上の扶養義務者等がいる場合には、...

離婚届作成後、翻意したのに役所に提出されてしまった場合|行政書士阿部総合事務所

離婚届作成後、翻意したのに役所に提出されてしまった場合|行政書士阿部総合事務所

  離婚意思を翻意したにもかかわらず、相手方に翻意の意思を表示せずに、役所戸籍係にだけ表示した場合の離婚届の効力に関する下記の判例をもとに固定ページに書いてみました。 合意により協議離婚届書を作成した一方の当事者が、届出を相手方に...

Return Top